Back 4 Blood

【B4B】ダッフルバック 効率的な集め方&細かい仕様 徹底解説 Back4Blood

こんにちは兄弟でゲームを楽しむ兄のりんです

今回は新しく追加された「ダッフルバック」について、解説していこうと思います

\この記事ではこんなことが分かります/

  • ダッフルバックはそもそもACT5のみに沸くものなのか?
  • ダッフルバックで交換できるアイテムは?
  • プレイ環境別のダッフルバック収集環境について

そもそもダッフルバックとは?

ダッフルバックとは新DLC第三弾で追加された新アイテムです

ダッフルバックを拾うことによって、「武器スキンやスプレーなどのアイテムを入手できるようになります」

入手方法はフィールドのどこかに落ちているので、それを見つけます

そして、検体容器などの様にアイテム欄をつぶす形でアイテムを入手し、セーフルームまで運び込むことができれば、報酬画面でアイテム入手となります

ダッフルバックで交換できるアイテムは?

ダッフルバックで交換できるものは下記になります

  • 新DLCコンテンツで追加された「カード・武器スキン・スプレー」
  • DLC第二段で追加された「トーテムポイントでしか交換できないアイテム」

大きく分けるとこの2つになります

新DLCで追加されたクリーナースキンは、購入段階ですぐに使うことができます

しかしそれ以外の要素についてはダッフルバックを集めて入手する必要があります

あに

DLC第二段でアイテム入手が完了していない人の場合
スカルポイントでしか入手できないアイテムを手に入れられることで、新DLCのアイテムを狙って入手できない現象が起きるのは人によって微妙なポイントかもしれないですね…

ダッフルバックの入手環境について

ダッフルバックはACT5以外でも手に入る?

結論から言うと「ACT5でのみ入手可能なアイテム」となっています

ACT5で登場する敵キャラなどが他のレベルでも登場するため、あたかもダッフルバックも出てきそうな臭いを放っているのですが、実際は出てきません

今回はACT1「ワームの使者1」のマルチプレイで周回検証をしましたが、ダッフルバックの入手は認められませんでした

ダッフルバックはソロプレイでは入手不可能?

結論から言うと「入手不可で、マルチのみ入手可能」です

ちなみに、マルチプレイのACT5の場合は、どのレベルにおいても確定湧きとなっています

ダッフルバックを集めるときの最適解

ここからはプレイ環境、フレンドとマルチプレイできるのか、野良で集める必要があるのかについて、ご紹介していきます

ダッフルバックをフレンドと集められる場合

ダッフルバックをフレンドとプレイしてマルチプレイで集められる場合は、ビギナーモードでACT5‐6「正義を待つ」のステージがおすすめです

レベルの流れとしては、各留置所に閉じ込められている人間を助けて、最後にダイナマイトを設置して車に戻ります

ダッフルバックは、フィールドの上層と呼ばれるカルティエストたちの住処となっている場所に必ず湧きます

こちらの上層の中にも、スロープを登っていくことができる2階部分にあたる場所があるのですが、こちらにダッフルバックは湧きません

したがって、到着してすぐの一階部分で小屋を順次探すとよいです

出現場所は、小屋の中の机の周りが多いです

そのため、順次探せばすぐに見つかります

ダッフルバックをソロで集める場合

現在は外国プレイヤーが「ACT5-2悪魔の住所で集めるのが効率よし!」という動画を出した影響で、ビギナーのこのレベルを選択するとダッフルバック周回勢が生息している確率が高いです

そのため、野良マルチで集める場合は下記の2つで集めるのが良いかと思います

  • ACT5-2 悪魔の住所 ビギナー 約2分半 ※ブレーカー出現時は大幅プラス
  • ACT5-6 正義を待つ ビギナー 約2分

ただしACT5-2での周回については、現時点での一時的な流行りの可能性高いです

ブレーカー出現などの要素を考えても、総合的に見たら5-6の方が効率周回には向いているからですね

もしも「ACT5-2 悪魔の住所」でプレイする場合には、こちらの動画でダッフルバックが出現する位置がかなり詳しく紹介されているため参考になると思います

まとめ

B4Bは新アイテムを入手する時に新しい要素を追加しなくてはならない病なのでしょうか…

集めるのは大変ですが、新カードは強力なものが多いのでコツコツ頑張りましょう!